マイクロコントロールシステムズ(株)はLED照明・太陽発電型LED照明灯(ソラミール)・環境制御機器・電子応用製品の開発、製造する会社です。

   

TEL. 0267-81-1311

〒384-0414 長野県佐久市下越143

MCS LED 照明技術

 MCS(マイクロコントロールシステムズ)(株)では、上記のお客様のニーズを実現するためLED照明技術を開発しました。
 以下に、LP-400シリーズ、LP-600シリーズ、LP-700シリーズ、ソラミール照明灯を支えているMCSのLED照明技術をご紹介します。

  MCS LED 照明技術の特徴

MCS工作機械用照明技術の特徴>

MCS(マイクロコントロールシステムズ)()では、お客様の工作機械用照明器具のニーズを実現するためMCS照明器具技術を開発し、商品化しました。

 MCSは、その中でMCSオリジナルのLEDレンズを新たに開発し、LPW-400シリーズの照明器具に
使用されています。本LEDレンズ及びそれを用いた装置、筐体、照明方法について、以下の特許を取得し、出願しています。


 

  特許第5641544号

  「配光分散制御型LED照明デバイス、装置及び照明方法」

  特許第5641547号

  「配光分散制御型LED照明装置及び該装置を用いた照明方法」

  特許第5879612号

  「押圧により蓋体が固定される照明装置用筐体及び蓋体固定方法」

  特開2017-021934

 「作業関連曲面の照明に適した照明方法及び照明システム」

 

LEDレンズの特徴>

 MCSLEDレンズの構造を図1に示します。LEDレンズは、LED素子からの光線の配光角を制御する「配光角制御レンズ」と、そこから出て来る光線の均一性、照射形状を制御する「微小レンズ(マイクロレンズ)」から構成されています。



「配光角制御レンズ」は、光線の収束性を制御し、照明装置の使用環境に合わせて、広角、狭角の光線を得ることが出来ます。これにより、広く照明することや、遠くに照明することが出来ます。

「マイクロレンズ」は、光を分散させて光線の色ムラを抑制し、均一な光線にします。

MCSオリジナルLEDレンズを用いた照明装置の特徴
【高照度・低消費電力】  
 MCSオリジナルLEDレンズ使用により高照度の照明をご提供します。その結果、消費電力も低く抑えることが出来ます。

【長距離・高範囲照明】
 MCS LEDレンズは、配光角制御レンズ、微小レンズを最適化することにより、長距離、広範囲の照明が可能となります。これにより、工作機械用の照明から、駐車場、トンネルの照明まで適用出来ます。

 以下の動画は、佐久市の創錬センター(中央公民館)の駐車場(約6000平方メートル)に設置された
LED照明器の照明風景をドローンで撮影しました。

      
(現在、採用しているLED素子を用いれば、動画中に示されている全LED投入電力は500W程度で済みます)

【防塵、防水、防油】

 
工作機械環境の防塵、防水、防油性を確保します(IP67IP69K 準拠)





上に掲載しました動画を見れば、照明灯の裏側には、光がほとんど漏れていないのがわかります。